現在と未来

家族経営会社としての起源を誇りとし、現在では多様な事業活動を展開している当グループは、新世代の熱意に支えられ、グループ一丸となって力を合わせた結果、アラゴン地方における主要な産業グループのひとつに数えられるほどの取引高および生産能力を達成するようになりました。また、国内の食肉セクターにおけるリーダー的地位を獲得した今日、 同地位を維持するだけでなく、明るい展望の未来に向けて一層向上させていく所存です。

ここ数年における海外市場における成長や国際的業績に関する戦略が功を奏し、国際市場で競争力のある地位を確立することができました。国際市場における取引は現在、当グループ収益の80%を占めるに至っています。 その上、さらなる成長を続けて目標を達成し、継続的な投資を行ってきた当グループは、世界中のあらゆる市場で最高級品質の製品をお客様に提供することを可能にするオートメーション設備を備えた、競争力の高い近代的な企業となりました。

当グループの目標

具体的な数字…

以下のような企業グループになること:豚肉の食肉・畜産業およびエネルギー産業における地域、国内、国際的に代表的な企業。 経済における主要なセクターの推進に参加するグループ。 事業を展開する地域における経済や社会の発展に取り組む企業。

イノベーション、製品やサービスの品質および安全性の面でお客様のニーズを満たすこと。

業務効率や投資効率を高めることで管理資源の収益性を最適化すること。

持続可能な経済成長、適正で安定した雇用の創出および経済環境、社会環境、自然環境への配慮を通して社会を改善すること。

売上高

ここ数年でホルヘ・グループの売上高は50%増加しました。 豚肉セクターは当グループ売上高の95%を占めます。

輸出

当グループは国内を代表する企業となりましたが、売上の大部分を輸出が占めています。

雇用創出

ホルヘ・グループはアラゴン地方における主な産業グループのひとつであり、 4.200 を超える雇用を創出しています。

当グループの歴史

家族経営より出発、継続的な進化

当グループの歴史は、フェルナンド・サンペル・ピニーリャの父、トマス・サンペル・アルバラが80年以上前に開始した畜産用の豚の売買取引に端を発しています。

犠牲の精神、熱心な取り組み、事業で富を築くことへの欲望が、サンペル一族を創業以来絶えず成長を遂げる事業活動の展開へと導いてきました。

25年以上前のJorge S.L. (アラゴン地方に位置する当グループの筆頭企業)の設立で、売買取引のみに従事する企業から、家畜生産工程のすべてを網羅するグループへと成長しました。 後の90年代の初頭には食肉製品の製造に加えて、屠殺および解体事業を開始しました。

当グループでは長年の歴史と実績に基づき、さらなる発展を目指してきました。 しかしながら、単に成長するだけでなく、当グループの創始者の粘り強さや取り組みを手本とし、環境への配慮や保護を確約し、人々に責任ある持続可能な方法で食品をお届けしながら、継続的な成長を遂げていきたいと考えています。 当社の目標は企業努力を集約し、それにより生み出される相乗効果を活用することができる垂直統合型の企業コンソーシアムを設立し、生産の全工程を総合的に管理して、資源を最適化、収益性を最大化することでした。 そのため、90年代を通して一族の新しい世代がグループに加わっていくにつれて、事業活動を拡大していきました。 こうして食肉製品の加工製造にも着手し、豚肉の全生産工程を網羅するようになりました。

食肉生産設備における効率の最大化やオートメーション化を図るため、継続的な投資を行っています。

再生可能エネルギーの新規プロジェクトや銘木植林の持続可能な発展を通して、今後も未来に挑戦してまいります。

当グループの方針

関連文書のダウンロード

企業の社会的責任

ホルヘ・グループでは高い倫理観と透明性をもち、適正かつ責任ある方法で誠実に企業活動を展開していきたいと考えています。

PDFファイルをダウンロード

倫理規定

本倫理規定は当企業グループに属する全企業、取締役および従業員に適用されます。

PDFファイルをダウンロード

倫理チャネルと倫理ポスト

本規定の遵守を確保するため、ホルヘ・グループでは興味があれば誰でもアクセスすることができる倫理チャネルを用意しました。

倫理チャネル / 倫理ポスト

ビジネスエリア

  • Primacarne
  • PPS
  • 当グループ会社概要

    ホルヘ・グループは長い歴史ならびに継続的で持続可能な成長を誇る、アラゴン地方を本拠地とする企業グループです。

    当グループ会社概要をご覧ください >
    Top